シャンプーが抜け毛の原因となることもあるってホント?

抜け毛の原因の1つはシャンプーではないかと感じている女性も多いでしょう。

シャンプーが抜け毛の原因となることも考えられます。

 

・シャンプーに含まれる界面活性剤とは?

髪の頭皮から出る脂分や整髪料などのような汚れは、水洗いでは落ちず、シャンプーを使用しなければ汚れは落ちないものです。脂分、油分を落としてくれるのが界面活性剤です。

シャンプーに含まれている界面活性剤は、脂分などといった汚れとくっついて汚れをとり、水で洗い流してくれます。界面活性剤の種類をいくつかご紹介しますので、シャンプーが抜け毛の原因と実感している方は、ぜひ参考にしてください。

 

・天然物

天然のものに含まれる成分のカゼインやサポニンなどです。植物で食するものに含有されているので、安全で安心というイメージから評価が高いです。

 

・石けん系

天然由来のものをアルカリに反応させたもので、ラウリン酸Naがあります。洗浄力が強く毒性が低いのが特徴ですが、過剰に皮脂を取ってしまうという面も持っています。

 

・脂肪酸エステル系

食品の乳化剤としても使用されるショ糖脂肪酸エステルなどがあります。食品添加物として使用されていることからも、刺激が少ないのが特徴です。

 

・アミノ酸系

天然由来の成分が使用されています。アミノ酸はたんぱく質の成分でもあります。毛髪はアミノ酸が含まれたたんぱく質でできているので、アミノ酸系の界面活性剤と相性がよいと言われています。

刺激が少ない、頭皮にやさしいのが特徴ですが、洗浄力は弱めという面も持っています。

 

・高級アルコール系

炭素数の多いアルコールを使ったもので、天然由来の高級アルコールが原料のものと、石油由来の高級アルコールが原料のものがあります。泡立ちがよく、洗浄力が強いのが特徴です。

 

・石油系

石油を原料とされたもので洗浄力が強いのが特徴ですが、過剰に皮脂を取ってしまうという面も持っています。そのため、シャンプーに使用される事は少なくなっています。

 

頭皮に影響を及ぼす因子をご紹介します。抜け毛の原因の1つのシャンプーに関連する因子もあるので、お役立てください。

・皮脂分泌

皮脂は、乾燥を防いだり、紫外線から守ってくれたり、細菌の侵入を防いでくれたりします。

しかし、食生活などで皮脂が過剰に分泌したり、シャンプーで余分な皮脂を落としきれなかったりすることで、さらに皮脂が過剰に分泌し炎症を起こして抜け毛の原因になる場合もあります。

過剰なシャンプーで皮脂を落とし過ぎないなど、適度な皮脂量を保つことが大切になります。

 

・エストロゲン

女性ホルモンの1つであるエストロゲンは、肌や頭皮の若々しさを保持します。10代から徐々に分泌が増加し、20、30代をピークに減少していきます。エストロゲンの減少が抜け毛の原因となっている場合もあります。

 

・シリコン

シリコン入りのシャンプーはなめらかな指通りが期待できます。しかし、過剰なシリコン入りのシャンプーは、毛穴を塞ぎ、毛髪の成長を妨げ、抜け毛の原因となることがあります。

 

育毛剤を使用している場合、育毛剤の浸透を妨げます。育毛剤を使用しているのであれば、ノンシリコンのシャンプーの方が安心できると思います。

洗浄作用の強い界面活性剤が含有されるシャンプーは、必要な皮脂まで取り除いてしまうことがあります。また、育毛剤を使用している場合は、毛穴を防ぐシャンプーは適していないでしょう。

シャンプーが抜け毛の原因のようなら、頭皮にやさしいアミノ酸系がおすすめしたいと思います。マイナチュレでは、ノンシリコンでアミノ酸系のシャンプーとアミノ酸配合の育毛剤を販売しています。シャンプーでの抜け毛が気になる方は、この機会にお試しください。

ダイエットのために菌活で腸内環境を整えよう!

 

たくさん食べていても太りにくい人もいれば、少ししか食べていないのに太りやすい人もいます。

運動量や年齢の違いもあるかもしれませんが、実は腸内環境が太りやすさ痩せやすさに関わっていることがあります。

最近では「腸内環境を整えよう」という菌活がブームになっています。腸の中にはたくさんの種類の菌が住んでいて、健康や美容に関与しています。

菌活でダイエット効果が期待できると言われている理由は、便秘解消が期待できるからです。

腸内環境が乱れているとお通じの悩みが起こりやすいですが、善玉菌が増えてしっかり働いてくれるようになれば、便秘が解消する可能性があります。

特に便秘になりやすいのは女性です。男性に比べて筋肉が少なく、食べる量が少ないので出す力が弱くなります。

食べないダイエットなど無理な方法で痩せようとしている人だと、さらにお通じがこなくなります。

日本人女性の48%は便秘と言われるほど身近なものですが、放っておくと太りやすく痩せにくい体質になってしまうことがあります。

便秘の原因は食生活、運動不足、ストレスなど色々ありますが、まず改善したいのが腸内環境です。

善玉菌の働きが鈍くなって悪玉菌の働きが活発になってしまうと、有害物質がどんどん増えてしまいます。

その有害物質は大腸から毛細血管を通じて吸収されて、全身に蔓延してしまいます。腸が詰まって本来出てくるべきだった代謝エネルギーが減ってしまうので、太りやすくなります。

便秘の解消のために下剤を使っているという人もいるかもしれませんが、下剤は一時しのぎであって、腸内環境のバランスを整えてはくれません。

しかも、何度も使っていると効果が薄れていって、大量に使わないといけなくなる依存状態になってしまうこともあります。

菌活は、下剤に頼らずに腸内環境を整えることを重視します。

そのためには、腸を刺激して溜まっていることをまず出します。東洋医学では出してから入れるが基本で、まず出してしまえば新しい栄養素も吸収されやすくなると考えます。

菌活で積極的に食べたいものは、和食です。

ヨーグルトも手軽でいいですが、味噌や醤油などの発酵食品が含まれている和食は、毎日食事をするだけで菌活ができます。

ヨーグルトだけだと飽きてしまいますし、乳糖不耐症の人だとお腹を壊してしまって腸内の細菌のバランスがなかなか改善しません。

和食の場合は乳糖不耐症の人でも大丈夫ですし、数多くの食品に乳酸菌が含まれているので整腸作用が期待できます。

菌活を行うことで腸内細菌のバランスが整うと便が溜まりにくくなり、腸内で腐敗が起こりにくくなるので、結果的に細胞の新陳代謝の低下を防ぐことができるため、ダイエットにつながります。

また、腸内環境が整うことで心にもメリットがあります。幸せホルモンと呼ばれているセロトニンは、気持ちを穏やかにしてくれる作用があります。

セロトニンは脳で作られているイメージがありますが、実は腸で90%が作られています。

腸で作られたセロトニンは腸全体の蠕動運動を促す働きがあり、腸の中の食べ物を大腸に押し出して排便させます。セロトニンは腸の周りの筋肉を刺激して、腸内では出す働きを担っています。

さらに、腸内で作られたセロトニンは脳にも作用して心を落ち着けてくれます。

イライラしているとどか食いしてしまったりとダイエットを妨げる原因になりますが、セロトニンはそのイライラにブレーキをかけてくれます。

菌活で和食を食べるようにすると、欧米食に比べて摂取カロリーも減らせますし、乳酸菌も摂取できるので痩せる食事として適しています。

ヨーグルトもいいですが、ヨーグルトは動物性乳酸菌なので生きて腸まで届かない可能性があります。

動物性乳酸菌はチーズなどに含まれていますが、植物性乳酸菌に比べて胃酸や胆汁などにやられて死滅してしまい、腸にたどり着くのはごくわずかです。

一方、漬物や味噌、醤油などの発酵食品に含まれている植物性乳酸菌は胃酸や胆汁の影響をくぐり抜けてたくましく腸まで届くほど強いので、生きたまま善玉菌を届けることができる確率が高いです。

ヨーグルトでもプロバイオティクスと表示があるものは生きたまま腸に届く乳酸菌が含まれている商品もあるので、ヨーグルトで乳酸菌を補いたい人はプロバイオティクスの表示があるヨーグルトを選ぶようにしましょう。

どんなに腸に良いと言われているものでも、継続して摂取しないと意味がありません。

一日だけ腸に良いヨーグルトや和食を食べたからといって、すぐに善玉菌が活発になって悪玉菌の勢力が抑えられて腸内細菌のバランスが整うわけではないので注意しましょう。

ヨーグルトであれば、1ヶ月くらいは同じ種類を食べてみて自分の腸にあっているかどうかを確かめたほうがいいです。

何か一つだけから菌をとるよりも、色々なものからバランスよくとったほうが、偏りのない腸内細菌バランスになるので、色々な種類を食べるように心がけましょう。

 

胸の乳腺の発達を促すマッサージ効果・バストアップ方法

 

バストアップしたい方は、美容クリニックなどで実施している豊胸手術が一番確実にバストアップすることが出来る方法です。

しかしながら、この方法では費用がかかってしまったり、失敗などをしてしまうリスクが伴います。

リスクがなくて、安全にバストアップしたいという場合にはセルフケアが有効です。

バストアップ方法には、色々な手段があるということです。

規則正しい生活でホルモンバランスが整っている事が前提で、バストアップに効果的な食材を積極的に摂取するようにしたり、胸を大きくする効果のある女性ホルモンの分泌を促進したり、女性ホルモンに似た働きのする成分の入ったサプリメントを利用する、正しいサイズの下着を正しく着用する、胸の土台となっている大胸筋を鍛える事も効果が期待できます。

さらには、手軽に行えるバストアップ方法として人気なのがマッサージによるバストケアです。

マッサージをすることにより、胸に蓄積されている老廃物をスムーズに取り除くことができるようになり、血行が良くなることにより女性ホルモンや栄養を胸に送りやすくなります。

女性ホルモンや栄養が行きやすくなることで、バストアップに必要な胸の乳腺の発達を促進する事が可能になります。

具体的なバストアップマッサージは簡単です。

入浴後などの体が温まった状態は血行が良くなっていることから、老廃物が流れやすくなると考えられています。

始める前にはコップ一杯の水を飲むことによりリンパが流れやすくなります。

まず、肌に負担をかけないよう美容オイルやクリームなどを塗布した後、手をバストの内側から外側に滑る様に動かしていきます。

胸の谷間から胸の下、脇の方へ円を描くように行います。左右10回ぐらいを目安に、脇の下にあるリンパも意識します。

次にバストの下からすくい上げるように左右の手で交互に上へと持ち上げます。これも左右10回行います。

最後にバストトップから顎の下までを下から上に向かってリンパを流していきます。左右10回を目安に行います。

また、ツボを押してマッサージしてみることも効果的です。

バスト周辺の血行や代謝を促進する効果のある膺窓は乳頭と鎖骨の中間ほどにあるツボです。

蒸しタオルなどで温めて血行を良くした後に、刺激するとバストアップ効果を得ることが出来ます。押し方としては、人差し指と中指を揃えて押すと良いとされています。

このツボと一緒に押すと効果的なのがおくえいというツボです。

膺窓よりも肋骨1本ほど上にあるツボで、この二つのツボを一緒に刺激することにより女性ホルモンの働きが活発化され、胸の血行が良くなります。

乳頭のライン上にあるバストと胸部の境目、乳房の輪郭線の脇にある天渓は乳腺を刺激する効果があり、バストラインを整える効果があります。

骨と骨の間にあるため少し痛みがありますけど、左右のツボを同時に下から押し上げるように押すと効果的です。

リンパの流れを良くするには、中府が良いと言われています。リンパの流れが良くなることにより栄養が回りやすくなるためバストアップに結びつきます。

女性ホルモンに有効なツボは背中にもあります。

上背部の後正中線上の第3胸椎きょく突起の下のくぼみある身柱というツボで、女性ホルモンに働きかけるだけに限らず、新陳代謝を向上させてダイエット効果を手に入れることができるとされています。

女性ホルモンの分泌を促進するには、お腹にあるツボも有効となります。

ヘソから指2本分外側にある天枢というツボは、内臓全般の働きを活性化させる事ができ、ホルモン分泌を促進するばかりか、刺激することにより便秘などを改善することにもつながります。

バストアップ方法には色々なものがあります。

特にマッサージは様々な方法があり有効な方法ですが、あまり強い力でマッサージしてしまうと逆にリンパの流れが悪くなってしまうことだって考えられるため、気持ちが良い程度の力でマッサージを行うことが大切です。

また、肌にダメージを及ぼすのも胸が垂れ下がってしまう原因となってしまうことから、肌に潤いを与えるために保湿ケアのできるクリームやオイルを利用するのも良いとされています。

また、ツボを押す場合もあまり強い力でやってしまうのもリンパが悪くなってしまう原因の一つになります。ツボを押す場合にはいた気持ちい程度の力で行っていきます。

胸を大きくするためには、まず生活を改善させることが重要となります。

しっかりした睡眠をとるようにして規則正しい生活を行って、食事もバストアップに結び付く鶏肉などのタンパク質を摂取するようにし、女性ホルモンに似た働きのする豆乳などバストアップにつながる食材をバランス良く摂取していくことが大事です。

運動はバストアップに効果的な体操など様々なものがあるため、自分にあった長く継続できる運動を行いましょう。

下着のサイズも合っていないと胸に負担がかかってしまうことになりますので、自分のサイズにあったものを手に入れて正しい方法で着用するなど、毎日ケアしていくことがバストアップには必要です。

 

敏感肌だとニキビが出来やすい?原因と対処法について!

 

敏感肌の人にとって、肌質を健康的な状態に保つことは、日常生活における大きな課題といえます。

特に、ニキビなどの吹き出物を予防するには、各自のライフスタイルに従って、適切な対策を立てることが望まれます。

敏感肌とは、肌内部の角質層が乾燥してインナードライ肌になってしまうことを言います。

敏感肌の人であっても、問題なく使用できる市販の化粧水や洗顔フォームなどが販売されており、自宅に居ながらスキンケアにこだわる人が目立っています。

また、肌質の状態を継続的に観察することで、肌ストレスの掛からない生活を心がけることがポイントです。

ちょっとした刺激でも過剰に反応してしまう敏感肌だと、ニキビが出来やすくなるので注意しましょう。

肌が敏感な状態というのは、肌のバリア機能が低下しています。

角質層の水分量が不足し、角質のキメが乱れバリア機能が低くなると、紫外線やほこり、自分の髪といった些細な事でもダメージを受けやすくなるのです。

肌内部の水分も蒸発しやすくなる為、乾燥からニキビが出来やすくなります。

また、敏感肌でニキビになる方は、接触皮膚炎を起こしていたり、ターンオーバー周期が異常に早くなっていることも考えられます。

敏感肌は、若い女性に多い肌質のひとつとして取り上げられることがあり、肌の状態をきちんと改善するためには、いくつかの対処法を学ぶことが大切です。

例えば、ニキビの症状を抱えている人にとっては、敏感肌の対策を行うことが一般的となっており、各自の予算の都合に応じて、美容化粧品や健康食品などを効果的に用いることが有効です。

また、ニキビの症状を軽減するコツを覚えるには、より多くの人の体験談に目を通すことも大事です。

ニキビの原因となる敏感肌は、セラミドなど保湿成分でケアする事で、症状は緩和すると言われています。

 

マキベリーの果汁でアンチエイジング!

 

マキベリーは、イチゴやブルーベリーと同じベリー類に分類される果物です。

果実の形は球形をしており、艶やかな黒をしています。これはアントシアニンの色です。その濃さからみても分かるとおり、豊富なアントシアニンを含んでいます。

このマキベリーはチリでとれるものですが、野生のものしかありません。他のベリー類と違ってまだ栽培されていません。それだけに貴重なものといえます。

果実の味は甘く、また葉と合わせて古くから薬効があるとされてきました。

そのため古くから先住民の間で民間薬や染料として重宝されてきたほか、現代においても現地の人々はマキベリーの実や果汁をジュース、ワインやジャムなどにして利用しています。

最近ではアメリカで高い抗酸化作用を持つスーパーフルーツとしても話題になっています。

他のスーパーフルーツにはノニやアサイーなどがありますが、その中でもマキベリーが含んでいる抗酸化成分はトップクラスです。

実の色に表れているように、ポリフェノール、特にアントシアニンを多く含んでいるのです。

そのため活性酸素を取り除いたり、免疫力アップをしたりというアンチエイジング効果が期待されています。

そんなアンチエイジングに効果的なマキベリーを気軽に生活に取り入れる方法は、濃縮果汁パウダーを利用することです。

生の果実を利用するのは難しいかもしれませんが、フリーズドライで加工された果汁パウダーなら保存に苦労することもなく普段の食事にプラスすることができます。

なんといってもベリー系の果物だけに果汁は甘く、飲みやすいです。

朝やおやつのヨーグルト、グラノーラにトッピングすることもできます。そうすれば甘味料を抑えることもできるので、ダイエットにも効果的です。

たグリーンスムージーを飲むのを習慣にされている方の場合は他の果物と一緒に、もしくは果物の代わりにスムージーに混ぜるのもよいです。

万が一果物を切らしてしまった場合にも、こうした商品があると安心です。

お菓子作りが趣味の方でしたら、ゼリーやアイスクリーム、ムースなどに加工してみるのもよいです。

最近では果汁を使ったお菓子なども発売されているので、間食などにそうした商品を利用してみるのもおすすめです。

果物だけに飲みやすく、美味しいのがマキベリーの魅力です。おまけにアンチエイジングにもよいというのなら取り入れない手はありません。

今話題の食材だけに、自分に合った方法で摂取することができますよ。